✏ゆず太郎diary✏

2018年3月14日(水)
【3月14日】
3つの「す」



「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」

フランスの哲学者アランの言葉です。人間はプラスよりもマイナスの感情に流されやすいことを表しています。不安や悲しみなどの感情は、コントロールできないことも多いものです。しかし、自分次第で気分を前向きに切り替えることはできます。

飲食店で働くCさんは、気分を変える3つの「す」を大事にしているそうです。

一つ目は「睡眠」です。落ち込んだときは早めに就寝し、朝までぐっすり眠り、心身の疲れを癒します。

二つ目は「すがすがしく」。部屋を掃除し、身なりを清潔に整え、神社にお参りすることで、気持ちがすっきりとリセットされます。

最後は「好き」です。好きな人や場所、趣味や食べ物など、自分の好きなものに触れることで、楽しい気持ちを取り戻すことができるといいます。

仕事でも人間関係でも、どのような気持ちで取り組むかで結果は大きく違ってきます。いつでも、自分なりに気持ちを切り替える方法を用意しておくとよいでしょう。




3/14^18:02
[コメントする]






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++