🎻Hライブレポ🎻

2018年10月12日(金)
【2018/10/10 ゆず BIG YELL × FUTARI in 広島C】
2018/10/10 ゆず BIG YELL × FUTARI in 広島C

台風21号による公演の中止決定後、すぐに会議を開き、何かできないのか、何ができるのかを話し合い、出した結果、歌を贈ること、届けること。今回の公演までのいきさつを「うたエール(弾き語りバージョン)」をバックにドキュメンタリー風に映像で流れると、思わず涙が込み上げてくる。15周年のドームツアーの時の東日本大震災の時のことも自然と思い出されてきた。



あの日、みんなと楽しい思い出を作るはずだった
しかし、飛び込んできたのは悲しい知らせ
すぐに話し合った。
自分たちにできる事は何か
重たい空気のなか、心の痛みと戦いながら、
遠回りをしたかもしれないが
たどり着いた答えは…
やはり歌うことだった。

笑顔がひまわりなら、歌は太陽
涙が雨なら、歌は虹

そんな歌を届けることが、今できる
たったひとつの、すべてだ。
だから、今日も歌う。信じて。
悲しみ、弱虫、勇気、希望。
悲しみ、弱虫、勇気、希望。
響け、越えて、明日へ。
あなたへ届け、と歌う。



被災にあわれた方、いまだ復興途中半ばの方、全国各地で自然災害で苦しみ辛い思いをしてる方々へ届け!「虹」。ユージーンにわいた会場内が、ピシッと引き締まり二人の歌声に酔いしれる。初めて参加したツアー「FURUSATO」の時のことを思い出し、時の流れと現実をいろいろ考えてたら感極まるものがありました。改めて名曲だと思いました(笑)

ピシッと引き締まった空気の中、悠仁、厚ちゃんと掛け声が飛び交う。掛け声のうまい人と下手な人がいるよねと言うリーダーに対し、トゲのある言い方だぞとサブリーダーがすぐさまにフォロー(笑)阿吽の呼吸は歌だけじゃないんですよ!

本公演では青白歌合戦っていうのをやって、最後は歌で争うことはどうなんだって、おかしなことをやってたんだけど、今回はみんなで大合唱しましょう。ここからこっちの人は青組、ここからこっちは白組、境目の人達は自分達で判断して(笑)

一番は青組の人、二番は白組の人、最後はみんなで合唱する「連呼」。青組が歌うとこを白組の人も歌ってるんじゃないかと、リーダーのつっこみが入ったり、笑顔で大合唱するのでした(笑)



10/12^23:59
[コメントする]






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++